2016年3月30日水曜日

うちのカメです。(うそ)

先日は寂しい話だったので、今回は割と元気なお話です。
両生類の有尾目の性格にはきわめて大まかにいって2傾向あって
・隠蔽性が低い(水棲種の多く、タイガーサラマンダー)
・隠蔽性が高い(陸棲種の多く、あとサイレンにもその気が)
に分けられます。
今回登場するのは後者で、下半身はシェルターに入っていてまるでカメのような生活を送っていたのですが、食い意地が優先して謂わば「ヘビクビカメ」化した面々です。

まずは当館の最古参、レッドサラマンダー「デブ1号」です。
(先日の報告通り「2号」は退場してしまいました…)
アクリル容器に玉砂利、そして石。趣もクソもないレイアウトですがレッドサラマンダーとともに試行錯誤を繰り返した結果こうなりました。小洒落たビバリウムにしようものなら星一徹モードになって掘り返しまくってくれます。

そして全然隠れていない、の画像。フタを開けるとエサが降ってくると思い込んでいます。(まあ、期待には応えることにしているのですが…)
コオロギ、ハニーワームが主食ですが、クリル(乾燥オキアミ。貯め置き可能)を食べてくれるのが有難いです。

 こちらは新参(導入半年未満)のファイアサラマンダー。
当初は逃げ隠れていましたがまもなくフタを開けるとこう↓なってくれました。

飼育書によるとファイアサラマンダーは一度気に入った環境にとても拘るそうなので、手がかかっていない(=手抜きな)「水苔+シェルター」に慣れてくれるとこちらが楽で助かります。
エサはコオロギまたはハニーワーム。レプトミンなど人工餌に餌付いていないのがこれからの課題です。

最後に全く隠れていないタイガーサラマンダーの写真を撮ろうとしたら、「エサエサー!」とはねてばかりで全くダメだったことを付け加えておきます。

2 件のコメント:

弦太彦 さんのコメント...

うちのマダラ君はそれなりに隠蔽性は低そうです。結構のそのそ水槽内を闊歩しております。
サラマンダー系にも手を出してみたいんですがそれなりに大きくなる&夏場の高温が怖いので手が出せません(それに比べマダラの高温耐性は大したものですよね)。

久々カエルにも手を出したいんですが、美麗種、小型、さらに地上棲となるとヤドクくらいしか思い付かないんですよね~。
でもうちはどうしても生餌がネックで……。
(嫁の許可が未だ下りず……)

樹上棲も良いんですが、ガラス面汚しまくるし……。
(アマガエル系の鼻ペチャな所は大好きなんですけどね)。

Kuzure Josipovic さんのコメント...

>>弦太彦さん
夏場のサラマンダーですが、タイガーはかなりタフで室温28℃までは食欲も落ちません。
(それ以上はさすがにクーラーいれましたが)
普通はご家族の許可が居りないものだと思料します<生き餌
ところがうちの理事長ことカミさんは異様にタフな精神をしており
(そういうのに囲まれた環境に育ったというわけではない)、
館長がセミを料理して(美味いが成虫は肉が少ない。幼虫がオススメです)跡を散らかしていたら
悲鳴もあげず
「もーちゃんと掃除してよねっ(プンプン」
…何かがヘンだ、我が家は(笑)

あと、樹上系が壁面を汚しまくるのには全面的に同意します。
比較的動かないシュレーゲルですら3日間でアクリルを見事すりガラスにしてくれました。