2015年7月10日金曜日

「盆栽水槽」その後(マダライモリ)

住民(アメイロイボイモリ)が亡くなってすっかり寂しく…
なっていません。ハイゴケも通路以外は何とか生き残り、キノコに謎の草、となんだか本当に「盆栽チック」になってきました。
いつかのトビムシ騒動(ファイアサラマンダーを皮膚炎→死に追い込んだ)の兆候もなく、残ったマダライモリのお嬢様コンビ(上の色鮮やかな方がすいか、下の太っていて脱皮が遅いTシャツ)は非常に元気でレプトミンとハニーワームをバクバクと、快食快便です。写真右側のシェルターないでウ●コする習性があるので時々どけて掃除を…

で、この謎の草、なんなんでしょうか?ミツバだと思っていたのですが違うようです。
当館には両生類関係の図鑑なら20冊あるのですが、植物は小学生用のが1冊あるだけでして…
Google画像検索でも地味すぎたのか悩んだ挙句ドクダミとかコノハムシとかトリッキーなものしか出してもらえず今尚以て不明です。図書館にでも行ってみるか…

2 件のコメント:

KJ さんのコメント...

この謎の草、菊系の植物のような気もしているんですけど
私もよく分かりませんね〜。
小さいキノコはまだ生えているんですね。
我が家のクロカタスツエイモリのビバリウムで極小なサルノコシカケが
発生したのでこれはやった!と色めき立ったのですが、二週間ほどで
跡形も無く消えてしまいました。
菌類を狙って栽培するのは至難の業だと感じます。

Kuzure Josipovic さんのコメント...

>KJさん
「菌類を狙って栽培するのは至難の業」も然り、
「菌類に狙われたら回避するの至難の業」
なんど掃除してもハニーワームの餌に湧くのでこの前リセットしました。
一匹ずつサルベージする作業が超面倒でした…

「謎の草」、葉の形、葉脈をみると確かにキク科にもみえてきますね。
野草図鑑とかもあるそうですから図書館で調べることにしてみます。