2015年6月8日月曜日

フトアゴヒゲトカゲに怒られる。

爬虫類ともなると行動パターンや反応が複雑化してきて両生類や魚とはまた違った「見ている楽しさ」があるものです。
というか、見てなくても楽しませてくれる動きが…


他の連中のためにハニーワームを仕分けていたらこちらに向かってドンドンドン!
全長50cmに近いので中々迫力があります。
 敢えて無視していたらどんどん続くよ、ドンドンドン!
「おらぁバ館長、こっちにもよこさねぇか!!」
 って、お前昨日コオロギあげたろ…と「エサ台帳」をみたら、2日間メシ抜き(通常は1日おきに給餌)にしていたことが判明しました。
そりゃ怒るわ…ごめんなさい(´Д`)

というわけで陸棲有尾類とかにあげる予定だったハニーワーム(約30匹)はすべて彼(♂)の胃袋へ。トレーに乗っけて渡すとかなりお行儀よく食べます。

しかし!その後漸く本命の連中に給餌している間にもコレ↑はないでしょ。
(もちろん「ドンドンドン」もあり)
でっかいウ●コしない限り贅沢はさせません!


【余談】
マダラ&アメイロイボイモリのビバリウム(のようなもの)のコケに種をくっつけて来たと思しき草がかなり伸びましたが…何でしょね、これ?
パッと見、ミツバぽいのですがそういう草はいくらでもあるし…
もうちょっと太ければ定着を期待できそうですが、線が細いのでフタがじゃまになって残念な結果になるものと悲観しております。

2 件のコメント:

シゲル さんのコメント...

フトアゴ,格好いいよな・・・
買いたいな・・・
コオロギの生産体制は確立したから,エサは大丈夫そうだな。
でも,ヨメがな・・・
ヨメ母もな・・・  イモリすら「怖い」らしいし。
別に,目から殺人光線とか,口から火炎放射能も吐かないから,
怖くないけどな・・・

当面,こちらの二枚目さんを眺めながら一杯やり,欲求をねじ伏せることにします。

ウンチングすたいる,サイコーです。

Kuzure Josipovic さんのコメント...

>シゲルさん
イモリよりよほど温厚ですよ、フトアゴ。
ドンドンドンこそしますが、扱っていて噛まれたことがありません。
おそらくCBで何代も続けてきた結果温厚な性質が人為選択されたかものと思われます。
(これはヒョウモントカゲモドキにも同じことが言えそうです)
オーストラリアはもう何十年も野生動物の移出入は厳禁していますからね。
(「入」に厳しいのは羊に外来病が持ち込まれないためだとか)

もしご近所だったら持参でお邪魔してさしあげたいところですが、女性陣からその場で塩まかれたりしてw

トイレは風呂に入れてやると確実にするのですが面倒なので、「トレーニング」したいところなのですが、爬虫類相手に一体どうやってやったらいいものなのか見当つきかねております。