2015年2月26日木曜日

「枯らし魔」の逆襲(アクアテラリウムへの遠い道)

マダラ&イボ水槽へのセラギネラの再導入ですが、どうもダメっぽいです…
2週間ちょっとでかなり悲惨なことになっています。

「丈夫」「園芸初心者向き」とはありましたが、
両生類に踏みまくられても大丈夫
とはどこにも書かれていませんでした。想定外の環境においちゃダメですね…

一方、キオビヤドクガエル水槽のポトスは非常に元気です。
 ただ、暖房を天井に入れているので、伸びすぎると枯れるというジレンマを抱えております。
その点については脱走対策に留意しつつ天井のかさ上げで対応しております。
油断はできませんが、幸い「水槽上部からの脱走」の可能性は低そうです。
最近、下にいるほうが好きなようなので…
(やっぱりデブって葉の上に乗りづらくなったのでは!)

あと、当館で管理している植物はすべてマツモなどの水草であり、温度と光量さえ確保しておけばバカスカ伸びまくるので、「枯らし魔」の館長でも安心している …どころか増えすぎて時々「間引き」している状況です。

アカハラ。産卵用に用意しましたが、気温が高いせいか、全然「その気」を見せておりません。

タモロコ。マツモが増えまくって4/5が密林状態ですが器用に泳いでいるので、基本放置です。(固形餌が引っかかって腐らないよう、ピンセットでグルグル回していますが) 

同水槽の掃除役。左からヨシノボリ、オトシンクルス、シマドジョウ。
オトシンは割と涼しくても(18℃前後)でも元気なんですね。
(もともとウパ水槽においていたら次々と食われたので緊急避難させた経緯アリ)

こちらは流水性のオイカワと止水性のキンブナが仲良く同居している不思議水槽。
こちらもマツモが爆殖状態。
右にちらりとシマドジョウ、あと写っていないですがホトケドジョウとモツゴがいます。

緑豊かなビバリウムには常々憧れているのですが、「分相応」を第一に管理に勤しもうと思います。

にほんブログ村 その他ペットブログ 両生類へ

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多種飼いへ

4 件のコメント:

弦太彦 さんのコメント...

マツモがモッサリの水槽も『和』を感じさせてくれて良いものですよね。
やはりマツモには日淡がよく似合います。

すごい!オイカワも飼っているのですね。
僕も小学生の頃、実家近くの川で捕獲して飼っていました。尤も1年くらいで死なせてしまいましたが。
オイカワ成魚のオスの婚姻色は綺麗ですよね。
日本が世界に誇れる美麗な淡水魚ですよね。

僕もアクアテラでは色んな植物を入れては枯らしの繰り返しです(笑)。

Kuzure Josipovic さんのコメント...

>弦太彦 さん
オイカワは2年前に八王子の浅川で捕獲しました。
その時は全長1cm足らずで何の幼魚だか全く分かりませんでしたが1年経ってようやく特定出来ました。
オスの婚姻色は非常に美しいですが、あれが出ると「そろそろ寿命です」のサインのようで、1匹早々に、「華々しく」逝ってしまいました。
どうも水槽の大きさに左右されるようなので60cmを用意してあげたいところですが如何せんスペースが…

シゲル さんのコメント...

モスを使って緑の絨毯を作ろうと思っていたのですが,うちの子マダラも子アカハラもパワーフーディング中なので,うんこの始末が大変になることに気が着きました。結局,丸洗いが簡単なミズゴケ最強!って感じです。陸棲種が1週間に1度の給餌ですむくらいになったら,見た目も楽しめる環境にチャレンジしようとかなと。

Kuzure Josipovic さんのコメント...

>シゲルさん
ウ●コはマメにとっておかないとダニ・トビムシの温床になりますからね…
ただし、底床が鮮やかな緑色の場合目立つのでピンセットで取りやすいという思わぬ利点もあります。