2015年1月23日金曜日

本日の有尾類「陸組」

何だかタカラヅカみたいですね、「陸組」。
昔阪急沿線に住んでいた時期がありましたが、最初のうちは車内広告のケバさに圧倒されまくりましたが1ヶ月ほどで無関心になれました。慣れとは恐ろしいもんです。
当館だとあと「水組」「土組」「砂組」 …いや、何か忍者武芸帳ぽいなぁ、これでは。

いつもこちらに向かって「餌くれー」のポーズしか撮ってくれないオビタイガーサラマンダー。
角を利用して回りこんで激写。
館長「ふははははは、ぬかったな!本体はこちらよ!!
オビタイ「な、何ィッ!!
…端から見ていると館長がひたすらアホなんでしょうね。

「神経質な個体が多い」「隠蔽性が強い」という一般論が通用しないスポットサラマンダー。こいつもあからさまに「餌くれ」の表情です。
ウパといいタイガーといい 、アンビストマ科は環境に慣れてくると図太くなるもんなんでしょうか。モールサラマンダーとかマーブルサラマンダーを飼いこんでいるとどうなるのか興味があります。

同じ種なのに全く性格が違うのが興味深いレッドサラマンダー
・まったくマイペースな「デブ一号」
・水槽の蓋を開けられても平気なのにカメラを向けると猛ダッシュで逃げる「デブ二号」
 (丸印の中に尻尾の先端が)
「写真嫌い」という個性は実に新鮮です。
食欲旺盛な点では全く変わりはありませんが…

陸のイモリ科さんたち。(マダライモリ+アメイロイボイモリ)
セラギネラ(コケに似たシダ)は幸いにも活着してくれたようです。
湿気と光だけで元気なので、これは他のアクアテラリウムにも活用できるかも!
ふさふさした感じが気持ち良いのか、よく散歩するようになりました。
あとは変な小さな虫がわかないことを祈るばかりです…

にほんブログ村 その他ペットブログ 両生類へ
にほんブログ村

5 件のコメント:

シゲル さんのコメント...

セラギネラ,キレイですね。でも,マダラたちがところかまわずウンコしませんかね?キレイに保つのが難しそうな気がします。うちの連中はレプトミンをあげすぎなのか,ミズゴケの上に爆糞します。でも,コオロギがいっぱいで中々掃除がいきとどきません。早く,レプトミンOnlyに教育したいものです。

sabcy さんのコメント...

セラギネラキレイですねw
うちのカエル水槽にも 拾ってきた苔をいれてみました
活着して 育ってくれると嬉しいんですが。。。

Kuzure Josipovic さんのコメント...

>シゲルさん
「ところかまわずウンコ」、やります(笑)
でも鮮やかなセラギネラの上だと目立って掃除がしやすいという思わぬメリットがありました。

>sabcyさん
近所の大学の構内に「これは最高かも」というコケがあるのですが、めくってきたらさすがに軽犯罪ですよね…
コケの活着条件は種類により千差万別のようなのでとりあえず適度な光量・水分にして祈る他ないです。

弦太彦 さんのコメント...

セラギネラって結構難しいって聞いたことがありますけど、意外と簡単に根付くなら、うちもアクアテラに導入してみようかな。
苔にせよ、植物にせよ、やっぱり購入時・採集時の状態でその後の成長が決まるような気がします。

斑井守、飴色疣井守、漢字にすると結構それだけでも山田風太郎っぽいかも知れませんね(笑)。

moi さんのコメント...

ベタ慣れスポット可愛いですね~。陸棲みはベタ慣れしてくれるとみんな可愛いですよね♪