2015年1月13日火曜日

【訃報】レッサーサイレン「どじょう」

残念ながら、力尽きてしまいまいした。
食欲を殆ど失っておりましたが、置いてあったアカムシを少しだけ食べ、フンをした後…
眠ったようです。
導入から2年半。正直、身体の一部を(自分の過失で)失った気分です。

然るべき処置の後、学芸員たちに正直に伝えました。

こういう時、血のアツい第2学芸員(次女)は大泣きして時には翌日学校を休んでしまうこともありましたが、涙を一筋垂らしただけで耐えていました。すまん…

残った「うなぎ」には含むところはありません。
サイレンは、大きくなるほど荒っぽくなる動物だということを忘れていた館長の責任ですので。
というわけで新たな同居人は迎えず(実は掃除係でプレコがいますが)、一人暮らしを満喫していただくことにします。

…ブリーディングを夢想しないでもないのですが、どの本を見ても「繁殖実態は不明」とのことなので、素人は潔く諦めるべきなのでしょう。本来かなり長生きする種なので、事故がないよう丁寧に飼っていくことにしたいです。

最後になりましたが、心配して下さった皆様、力不足で残念な結果となってしまい、真に申し訳ありませんでした。


にほんブログ村 その他ペットブログ 両生類へ
にほんブログ村

9 件のコメント:

シゲル さんのコメント...

うーむ,残念でしたね。ウチは多頭飼育が標準コースなので,体格差には気をつけたいと思います。マダラもレプトミンを全くたべない子と,1日に3個も食べる子がいて,明確に体格差がつきつつありますので。でも,お口に入らないサイズの相手を攻撃するって,やっぱり性格なんでしょうね。

moi さんのコメント...

自分の事の様に悲しくて、娘さんのお話の所でほろっときてしまいました。

生き物を飼育するということは死とも向き合うという事ですが、悲しいものは悲しいですよね。

どじょうさん、安らかに…。

ウッパさん、ルッパさんひろきママ さんのコメント...

どじょうさん
そうでしたか…(T_T)

どじょうさん、今度はあなたの好きな生き物に生まれ変わって武蔵野水族館に戻って来てくださいね。

Kuzure Josipovic さんのコメント...

>皆様 お悔やみのコメント有難うございました。
次女も、「他の人もみんな残念に思ってくれたんだ」と、何となく元気づけられたようです。

>シゲルさん
マダラは口がやわらかくて「はむっ」という感じですから丸呑みとかでもない限りトラブルはないかと。
その点サイレンは口先が角質化していて殆どクチバシですからね…

>moiさん
「生」の素晴らしさを体感できる一方で、非常な「死」と相対を避けられないところが飼育のシビアなところです。でもそういう辛さは生きていく上で必要であり、モノやデジタルデータでは代わりが効かないとも思っています。

>ウッパさん、ルッパさんひろきママ さん
ヒョウモントカゲモドキ新婚夫婦がいい感じなので、こちらの方面ですぐ「戻って来て」くれるかもしれません!

sabcy さんのコメント...

残念でしたね
学芸員ちゃんたちも 悲しかったでしょう。。。

私は(生き物を飼いはじめてから)まだ
日が浅く 経験がないのですが。。。

生き物を飼う以上 避けられない事態ですよね
心に刻んでおきます

BOA.NOTEの管理人 さんのコメント...


崩れさん、とても悲しいところだと察しますが、あまり気を落とされないでくださいね(第二学芸員さんも、、、)。やはり生き物を飼っている以上、こういうことはありますね。私も経験しています。うちもこれから飼っているヘビのうち1匹の治療を始めるところですが、症状は軽いとはいえ、自分の単純なミスさえなければ、苦しい思いをさせずにすんだかも知れないと思うとやるせないですね。今いる生き物に感謝して、ともに立ち直っていきましょう!

Kuzure Josipovic さんのコメント...

>sabcyさん
ヒトや哺乳類、その他短命な昆虫などと違って寿命なのか事故・病気なのかもわかりにくいところが飼い主の心を何気に抉っていきます。
我ながら毎回落ち込んでいるのになぜ買い続けているのか不思議になる時があります。

>BOA.NOTEの管理人 さん
第2学芸員はOKでした。翌日はきちんと学校に行って午後は友達と遊び。まだ10歳にもなっていないのに精神の成長がハッキリ分かりました。
仰るとおり、壊滅的状況ではなく、他は概ね元気なのでお互いに健康に気をつけて参りたいと思います!

夕霧 さんのコメント...

レッサーはありえないぐらい丈夫ですし、混泳させていると腕の欠損は茶飯事(ショップで混泳させてるのを見る限りはですが)なのでその内回復するのでは…と思っていたのですが、残念でしたね。

レッサーは愛嬌があっていいのですが、奴らの嘴は混泳相手の魚を水中遊泳して追いかけて噛み切るレベルの鋭さと貪欲さなのが難ですよね…そこもいいところではあるのですが。

Kuzure Josipovic さんのコメント...

>夕霧さん
ある程度のサイズになると混泳には向かない種のようですね。まあ、生き残った「うなぎ」はこれ以上ないほどに健康なので長生きしてもらうことにします。
改めて一匹だけで眺めると結構可愛いですからね。つい先日までは割と憎たらしかったのですが(笑)